肌のハリや弾力を取り戻す【吸収の早い低分子コラーゲン】

分子のサイズで吸収向上

レディ

吸収率を高め効果もアップ

低分子コラーゲンは、従来のサイズのコラーゲンを分子レベルで細かくしたものです。高分子のコラーゲンは体内での吸収率が低いことで知られていました。しかし、低分子化することによって、体内での吸収率を高め、その働きを高めることが可能になりました。コラーゲンは3重のらせん構造を持っています。加熱することによって、らせん構造を分解したのがゼラチンと呼ばれるものです。さらに、酵素などを使用して分解すると、低分子コラーゲン、もしくはコラーゲンペプチドと呼ばれる状態になります。もう1つの利点は生コラーゲンの状態では平均の分子量がおよそ3万で温度を管理しながら使用する必要があります。一方、低分子コラーゲンに加工すると、平均の分子量はおよそ3000程度となり吸収しやすいだけでなく温度の管理をしなくても保存できるので、誰でも手軽に使用できる状態だと考えて構いません。肌にコラーゲンを浸透させる場合は、化粧水などのスキンケアアイテムに配合するので、温度を管理しなくて良いのは手軽ですし、品質維持も簡単にできます。肌につける低分子コラーゲンは、肌の表面にとどまらず、角質層や表皮のさらに奥にある真皮にまで浸透させることができます。スキンケアを目的として、低分子コラーゲンを使用すると、肌の奥まで浸透させながら効果を期待することができるでしょう。ドリンクやサプリメントとして使用するときも、無駄なく摂取したいなら低分子コラーゲンを活用したほうがよいです。